ABOUT US

ワインと料理の2人の天才はフィレンツェで出会い、
エノテーカ ピンキオーリは食の革命を起こした。
ワインと語り、素材の声を聞くことで常に新しい料理は生まれ続けている。
美食の国日本での成功は一流の証でもあり、
2人の技は名古屋で新たな幕を開ける。

STORY

若い頃、ワインの給仕としてレストランで働いていたピンキオーリ氏。
その時に出会った一本のワインの味に感動し、収集を開始します。
500本を収集した1973年に、ワインバーをオープン。
さらにワインバーで、アニ−夫人がワインに合う気の利いた軽食を提供したのが「エノテーカ ピンキオーリ」の始まりです。
店は評判を呼び、500本のコレクションではすぐ底をつくことに。
そこで、大規模にワインを収集し、レストランへと展開されました。

料理担当のアニ−夫人はそれまで料理の仕事の経験はありませんでしたが、
古くからトスカーナに伝わる素晴らしい伝統料理を受け継ごうと考え、
独学で料理を研究しました。
さらに、フランスのニース出身ということもあり、
イタリアのもつ郷土料理の数々にフランス料理の
要素を加えながら独自のレシピを発案。
ワインと共に楽しめる絶品メニューは多くの方に愛され、
1993年にミシュランの三ツ星を獲得しました。

一本のワインとの感動的な出会いから生まれた、
“ワインと料理の最高のマリアージュ”。
その感動を、多くの方に味わっていただきたいと思います。

GIORGIO PINCHIORRI

イタリア・モデナのブドウ農家に生まれる。5歳の時、大雪によってブドウ農園は大打撃を受ける。子供の頃から良質のワインづくりに夢を持ち、現在では“ワインの恋人”とも呼ばれる世界に名高いソムリエに。ソムリエの他に、ワインコレクター、レストラン経営者、ワインバイヤー、ワイン開発プロデューサーなど、いくつもの顔を持ちます。ピンキオーリの個人的なワインセラーには、約15万本がコレクションされており、「彼のコレクションにないワインは飲むに値しない」と評されることも。エノテーカ ピンキオーリのワインは、全てピンキオーリ自身がセレクトした逸品。ワインの真の素晴らしさを多くの方に伝えたい、という彼の熱い思いが感じられます。

ANNIE FÉOLDE

エノテーカ ピンキオーリの料理は、トスカーナ地方の伝統料理をベースに、総料理長アニー・フェオルデが創意工夫を加えてつくり上げた味です。古来から欧州の交易の中心であるトスカーナ地方には、洗練されたメディチ家の宮廷料理と旅館の女将たちが、つくり上げた地方色豊かな家庭料理がある。それらをベースに品質の良い食材を厳選し、素材に最も適した調理方法を生み出すアニー・フェオルデの豊かな創造力とテクニックが加えられてレシピができあがります。
伝統と創作のバランスをとりながら生まれる斬新な味で、魔法のような新しいメニューをお届けします。そして、私たちの手からなるイタリア料理が、ワインセラーで出番を待つワインとの幸福な出会いをさせることが私たちの責任であり、またこの上もない喜びであるとともに、これこそが、私たちエノテーカ ピンキオーリの個性であると信じています。

Enoteca PinchiorriFIRENZE

CHEF & SOMMELIER

支配人Masaru Okamura岡村 勝

シェフソムリエJunnosuke Yoshimura吉村 順之介

統括調理長兼製菓長Kohei Shima島 光平

料理長Sho Mizuno水野 翔

TOP